金鵄製作所

赤ちゃんが『はいはい』をする様になる生後6ヵ月ごろからは、特に誤飲(中毒)事故に注意してあげなくてはいけません。

手に触れたものを、訳もわからずに口に持っていくのが赤ちゃんです。大人が普段家で使っているものも、赤ちゃんにとっては健康を害する危険がものばかりです。

日頃から事故のないように気をつけましょう。

私たちの身近な身の回りには、子供たちにとって危険なものがたくさんあります。
もし、誤飲事故がおきてしまったらどの様に対処したらよいのか?
いくつかの対処方法を記載しました。

セーフティキャップの記事が新聞の全国版に掲載されました。

「第2回キッズデザイン賞 商品デザイン部門」を受賞しました。

弊社では、お薬を安心かつ正確にお使いいただくために安全性に優れた商品を開発しております。
法制度の整備に先駆けてワンランク高い基準を独自に設定し誤飲・誤用の事故防止を目指し商品造りを心がけております。

セーフティキャップをご利用戴いている医療機関様・調剤薬局様のお得意様一覧です。
各医療機関様・調剤薬局様のリンク

金鵄製作所|誤飲事故を防ぐために

Copyright© 2008  Kinshi-Seisakusho. All Rights Reserved.